tripとは
tripとは

注文住宅と規格住宅のハイブリッド

注文住宅と規格住宅には、それぞれメリット・デメリットがあります。

注文住宅は、間取り・デザイン・設備仕様を自由に選べますが、価格が不明瞭で、規格住宅に比べると割高です。

規格住宅は、価格が明瞭で、注文住宅に比べると割安ですが、間取り・デザイン・設備仕様の選択肢が少なくなります。

注文住宅 規格住宅
メリット 間取り・デザイン・設備仕様を自由に選べる 価格が明瞭で、注文住宅に比べると割安
デメリット 価格が不明瞭で、規格住宅に比べると割高 間取り・デザイン・設備仕様の選択肢が少ない

あちらを立てればこちらが立たず。
100点満点の家づくりはなかなか難しいものなのですが、注文住宅と規格住宅の“いいとこ取り”をしたのが、tripなのです。

tripでは、敷地の間口と奥行きをかけあわせる形で、多彩なプランバリエーションをご用意。
もちろん、住宅性能や外観デザインもチョイスできます。

高耐震・高耐久・高断熱・高気密な家に、最新鋭の住宅設備を標準搭載。
さらにオリジナル家具までついて、33坪タイプの本体価格が1,860万円(税抜)です。

ぜひ「オンライン見積」で、あなたの理想のプランをつくってみてください。